Collection

旅立ちの日

100-001

サイズ:151×96cm

織りの細かさ:サフ

製作:カシュガイ族

クルミ染めの淡い茶色の糸のみで織り上げられた一枚。セピア色の写真のようで懐かしい気持ちにさせてくれます。中央に描かれているのは船の舳先(へさき)。モチーフとしては珍しい1枚です。船は前進しかできない乗りものなので「前へ」という意味合いがあるかもしれませんね。または手を掛けて織り上げたギャッベがその想いを乗せて出航し、世界へと旅立っていく様子なのかもしれません。とても興味深い1枚です。