Collection

峠の灯

170-003

サイズ:240×175cm

織りの細かさ:ジャマール

製作:カシュガイ族

茜色(ローナス)や黄色(ザクロの皮)を中心に、美しく、そして深いグラデーションで織りなされています。ギャッベの赤は生命の色や1日を無事に終えた事を表す夕日の色。カシュガイ族が遊牧しているザクロス山脈は、夕方になると山肌が真っ赤に染まります。この色をみるとホッとするのだそう。下の方には幹部分がしっかりとした「生命の木」のモチーフで命を表し、上と下には「花」が散りばめられています。この様な風景を毎日見れることは、幸せであり、楽園のように感じるでしょう。

  • 生命の木
    意味・・・長寿・健康。子供の成長を願う。
    由来・・・砂漠の大地に大樹は生命力の象徴。

  • 意味・・・豊作・豊穣。美しいものへの憧れ。
    由来・・・春の到来とともに美しく咲き乱れる花のイメージから。